風俗に偏見を抱いていたころ

風俗に偏見を抱いていたころ

投稿日:2015年5月21日 カテゴリ:謎解き風俗体験談

先日は仕事の関係で無理やりキャバクラに行かされて接待をさせられました。僕は昔っから風俗に偏見を持っていて、今回キャバクラに同行してくれやって上司に言われたときは、ため息ばっかりでした。なんで仕事で風俗なんかに行かなきゃいけないんだよと同僚に愚痴ったら「会社の金で風俗行けるなんてサイコーじゃねーか!」って文句言われましたけど。適材適所があるし、キャバ好きなやつが行けばよかったのにって思っていました。さっきから過去形で話していますが、もうお分かりの通り偏見というのは払しょくされました。たった一度のキャバクラで、です。中はとてもおしゃれで、想像していた雰囲気とはえらい違いました。席に着くと、隣からキャバクラの女の子が登場し、僕に密着してきます。おさわりすると事務所に連行される~みたいな話を聞いたことがありましたが、向こうから結構積極的に触ってきました。営業トークなんでしょうが、僕の話に共感して真剣に聞いてくれているってのがうれしかったんです。